♪ よくある質問

 

Q: 教材は何を使いますか?

 

A :  特に決まっていません。その方によって適したものをこちらで判断させて

頂きます。楽譜をお持ちの方は、継続してその楽譜を使用する事もあります。

基本は、テクニック的なもの、人前で弾いて素敵な曲、古典的なものを使用することをお薦めします。

  

Q :  クラッシック以外が弾きたいのですが?

 

A : もちろん大丈夫です。ポピュラー、ジブリやディズニーでも、弾きたいものが

     あれば、教えて下さい。学校の歌の伴奏譜も弾きたければどんどん使います。

     学校でぜひピアノを披露して楽しんで下さい。

 

 

Q: ソルフェージュは何をするのですか?

 

A:  楽譜の読譜力・聴音能力・表現力・音楽理論を学びます。

     4歳前後のお子様には、音符ビッツカードやボール、シール、折り紙、楽器、レゴ  やぽんぽんなど、いろんな物を使ったりするので、小さなお子様は「遊び」だと  感じるようです。 身体を使ってリズムをとったり、リトミックも取り入れます。  聴音をしているうちに、オリジナルの曲を書けるようになってちょっとした作曲家  気分を味わえたりします。基礎を学ぶことはピアノを弾く上で効率良く、理解が深  まり、大変役にたちます。

    

 

 

Q: レッスンの回数が月2回でも大丈夫ですか?

 

A: はい、中学生以上の方は1レッスンもあります。

    ただし、小学生以下のお子様の場合、月3〜4回のみです。

 

 

Q:  何歳から始めるのが良いですか?

 

A:  年齢より、お子様個人によります。一般的には3歳以上であればピアノの

     レッスンが可能だと思いますが、お子様の成長具合によピアるところが大きいです リトミックやソルフェージュ中心にレッスンを始めることによっても、ピアノ演奏に 繋がります。8歳頃から全く初心で始めても、年齢の分、理解力ができているので十 分弾けるようになります。

 

Joyful Music Studioでは、0歳から始めることがきる音符ビッツのレッスンも行っています。この音符ビッツを行うことで、脳を活性化させ、集中力がつき、日常生活のおいても良い効果をもたらすといわれています。ピアノと音符ビッツ&ソルフェージュのバランスをそのお子様に合わせてレッスンしています。

 

   

Q: レッスンは保護者がいなくても大丈夫ですか?

 

A:  レッスンは保護者の方から離れることで、自立心が芽生え、集中

    できますので、特別な理由が無い限り基本的にはお子様のみで行わせて

  頂いています。

     幼稚園に入る前からお一人でレッスンにいらして頂いているお子様もいます。

  レッスン後にレッスン内容、お家での練習のご説明をします。

     ご希望の場合、レッスンカードで、レッスン内容や次回までの課題を記入して

     お渡ししています。

 

 

 

 Q : とてもおとなしい or 活発な性格ですが、レッスンは大丈夫ですか?

 

A : 講師自身、男の子、女の子の母親ですので、心配される保護者の方の

     お気持ちがわかります。おうちでは元気なのに、レッスンでは一言も

     話さないというのは良くありますが、お子様は十分吸収されているのも

     知っています。元気過ぎると思われるお子様も大丈夫です。

     どうぞお気軽に始めてみて下さい。

 

 

Q: 親がピアノ未経験者ですが、おうちの練習はどうさせたら良いですか?

 

A : お家の方のピアノ経験は必要ありません。実はおうちの方があまり干渉

  される方が、上達には返って逆効果である場合が多いのです。経験者の

  場合は、いかに子供に怒らずにピアノに関われるか、が大きな課題となり

  ます。子供の問題というより、親自信の忍耐でしょう。(講師自身、この

  問題に日々悪戦苦闘しています!)

  ただし、お子様が1人で練習するのは小学生中学年までは、精神的に大変

  難しいので、毎日5分〜10分でもお隣に座って「聴いて」いてあげてください。

 (大人でもこれに付き合い続けるのは難しいものです。その間はスマホから目を

  離して、ちゃんと聴いてあげてください!)

     

      口だけで「練習しなさい」と言うより、一緒に練習時間に付き合うことで、

  習慣づけにもなり、将来的に勉強などにも生かされてくるのではないでしょうか?

  けれでも、学校のイベントなどで忙しい週もあることと思いますので、

  練習も「必ず」いつもしなければいけないというプレッシャーを持たずに

  来て下さい。どんな状態でも、レッスンすることが沢山あります。